2010年11月21日

ジンジャーな手塚治虫「アキバ化」計画進行 萌え作品が「コミケ」に出る(J-CASTニュース)という話題

手塚治虫「アキバ化」計画進行 萌え作品が「コミケ」に出る(J-CASTニュース)
↑とっても気になるニュースですね


Yahoo!ニュース
手塚治虫「アキバ化」計画進行 萌え作品が「コミケ」に出る(J-CASTニュース)


 故手塚治虫さんは日マンガ界の漫画の巨匠であり、日アニメ界の父として知られるが、そんな手塚さんの作品をアキバ化させる「手塚治虫アキバ化」計画なるものが進んでいるという。手塚プロダクションはこの冬の「コミックマーケット(コミケ)」に初出店する。いったい手塚作品に何が起こっているのか。



 「コミックマーケット」への出店について手塚プロダクションは、



  「手塚人は生涯現役を公言していて、ぽっと出の新人に対してさえライバル心を持つような人だった。盛大な盛り上がりを見せているコミケを知れば、人が生きていたとすれば出店する、と言っていたのではないか」



と打ち明ける。



■クリエイターが元作品から「アキバ要素を抽出」



 出店販売の核となるのが「手塚治虫アキバ化」計画。手塚プロは作品から「アキバ要素を抽出」することを目的に、「涼宮ハルヒの憂鬱」のいとうのいぢさん、「初音ミク」のKEIさん、「マクロス」の美樹晴彦さんなど10数人のクリエイターに声を掛けた。



 クリエイターは手塚作品のキャラクターを元に「萌え」要素の強い作品を発表。2010年9月から東京アニメセンターを切りに公開しており、10年11月22日までは東京新宿「マルイワン」で展示していて順次全国に広げる計画だ。また、これらの作品をプリントするなどしたバックやステーショナリー、パソコン周辺グッズなども発売している。



■「萌え」マンガも手塚治虫が元祖だった



 「萌え」と手塚作品は簡単には結び付かないように思える。しかし、手塚プロによれば、現在騒がれている「萌え」要素になっている漫画やアニメは手塚さんが元祖であることをファンの多くが知っているとする。



  「ただ、知ってはいるのだけれども、実際に手塚作品を読んでいるかと言えば、おそらく若い人は読んではいない。それならば人気のクリエイター達にキャラクターを描いてもらうことによって、改めて手塚作品を知ってもらい、読んで頂くきっかけにしたい」



というのだ。



【関連記事】

マンガ界ヒット作品復活ブーム 新人作家を育てられない悩み : 2010/09/15

大学生買春の「トンデモ実態」 「ホテル代ないから」マンガ喫茶で : 2010/09/21

人気漫画「けいおん!」 「ストーリーも成長もない」のか  : 2010/10/22

SoweluとLiLy、『J-CAST THE FRIDAY』独占インタビューに登場 : 2010/11/11

「ニコ動」に高1エンジニア誕生 ネットには「危機感」も : 2010/11/12






いかがでしたでしょうか?
手塚治虫「アキバ化」計画進行 萌え作品が「コミケ」に出る(J-CASTニュース)のようなジンジャーなニュースをこれからも探してお届け!
--------------------------------------
Yahoo! Toolbar - For your Internet Safety
http://pr.mail.yahoo.co.jp/toolbar2/
posted by まるちゃん at 18:37| news | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
もっと詳しくチェックしたい方はコチラ!
このニュースに関連する詳しい情報を探す

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。