2010年10月02日

ジンジャーなアバイアとスカイプ、企業向けの低コストVoIPソリューションで提携(COMPUTERWORLD.jp)という話題

アバイアとスカイプ、企業向けの低コストVoIPソリューションで提携(COMPUTERWORLD.jp)
↑とっても気になるニュースですね


Yahoo!ニュース
アバイアとスカイプ、企業向けの低コストVoIPソリューションで提携(COMPUTERWORLD.jp)


 国AvayaとルクセンブルクのSkypeは9月29日、IP通信により国際音声通話コストを削減できる「Skype Connect」サービスをAvayaの顧客企業に提供することで提携したと発表した。



 また、AvayaとSkypeは、大企業に幅広いコミュニケーション/コラボレーション機能を提供し、AvayaのエンドユーザーとSkypeのユーザーがプレゼンス技術やインスタント・メッセージング(IM)、音声、ビデオ会議でやり取りできるようにすることも計画している。両社は、こうしたサービスを利用すれば、企業のコールセンターは顧客からの問い合わせに効率的に対応できるだろうと述べている。これらのサービスは、2011年後半から始まる提携の第2段階で提供される。



 Avayaの上級副社長、アラン・バラーツ(Alan Baratz)氏は、今回の提携によって両社の顧客に共通のユーザー・エクスペリエンスが提供されると語った。またSkypeのSkype for Business担当ゼネラル・マネジャー、デビッド・ガール(David Gurle)氏は、 Avayaとの提携は、国の大企業に対するSkype Connectの普及拡大の足がかりになるだろうと述べた。



 提携の第1段階では、Avaya製品によるIPベースの企業通信システムを介してSkype通話が行えるようになる。Avayaの「Aura Session Manager」、「Aura SIP Enablement Server」、「CS 1000」、「IP Office」、「BCM」システムとSkypeサービスとの間でSIP(Session Initiation Protocol)チャンネルがセットアップされる。これらAvaya製品の国の顧客企業は、Skype Connectを使って国際通話が低コストでできるようになり、その一方で、Avayaシステムのエンタープライズレベルのセキュリティ機能の恩恵を受ける。



 また、提携によるこの新サービスでは、世界のSkypeユーザーからAvayaの国の顧客企業への着信が無料か低コストでできるようになり、Avayaの機器でさまざまなコラボレーション機能が提供される。例えば、新サービスを利用する企業は、Skype Click & Callボタンを自社のWebサイトに追加し、自社の顧客が顧客対応センターにSkypeで電話をかけられるようにするといったことが可能だ。



 Avayaとチャネル・パートナーは10月から、Skype Connectに関心を持つ国の顧客企業からの問い合わせに対応する。



(Matt Hamblen/Computerworld国版)



【関連記事】

【コラム】うわさが浮上したシスコのスカイプへの買収提案、狙いは何か

【Interop Las Vegasレポート】ネットワーク機器大手各社が新製品を発表

コミュニケーション・インフラを統合する「Avaya Aura」で、即効性のあるコスト削減を

スカイプ、企業向けサービス「Skype for SIP」を発表





いかがでしたでしょうか?
アバイアとスカイプ、企業向けの低コストVoIPソリューションで提携(COMPUTERWORLD.jp)のようなジンジャーなニュースをこれからも探してお届け!
--------------------------------------
Get the new Internet Explorer 8 optimized for Yahoo! JAPAN
http://pr.mail.yahoo.co.jp/ie8/
posted by まるちゃん at 03:52| news | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
もっと詳しくチェックしたい方はコチラ!
このニュースに関連する詳しい情報を探す

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。